iPhone 非破壊的自炊 用スタンド(光源付き)をつくってみた

勉強している嫁が参考書文献を借りてきてScanしたり、写真に取っていたりしているのだが、書籍を裁断せずにScanするのは地味に手間がかかるので、なにか楽できないかなと思っていたところ、

最速自炊カメラ「Jucie」(仮)が電子書籍の自炊の常識を覆すほどのポテンシャルを秘めていた件 – もとまか日記乙

で @sumihiro  さんがものすごい勢いで作った Jiucie がかなり良さそうだったので、自宅に有ったスタンドに透明なアクリルで台を繋いで自炊用スタンドを作ってみました。

Stand

事前に、SourceをGItHubよりcloneして、ビルドしてみて、これは行けそうなだなという感触を得たので、あとはiPhoneをどうやって固定するかが問題でした。

文庫版から雑誌まで対応させたいので、高さ調整機能は必須です。あと、陰もなるべくつけたくない。

丁度自宅に可動式のライトスタンドがあったではないかと思いつき、休日にホームセンターへ走ってアクリル板を購入&カッティングして取り付けてみました。

材料

・アクリル板 透明 厚3mm/幅130mm/奥行き80mm

・ネジ (スタンドのネジ穴に合う径で、長いやつ)

工具

糸のこ/充電式ドライバ+ビット/紙ヤスリ

どうでしょう?なかなかいい感じでないかい(笑)

アクリルをカットして、ネジ穴あけて、スタンドに取り付けるだけ!

コストはアクリル板の800円。(アクリル板が意外に高かった..)

ただし、切る為の糸のこと2.3mmのドライバービットを追加購入しているので、もうちょっとコストは掛かっています(汗)

とった写真ですが、文字が5mm以下のハードカバーでもきちんと読める様にとれていました。あとはOCRにつっこんでみようかなと。

それにしても、 最速自炊カメラ「Jucie」にまつわる色々。 をみると、やっぱ自分の手を動かす技術者ってすごいなと思います。憧れちゃいます。俺も頑張るぞー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です