[Book]グラスホッパー

ひさしぶりの小説。
陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)と同じ著者と読み終わった後に気づいた。
常人離れした裏稼業の世界に妻の復讐を果たすために飛び込んだ鈴木さんと殺し屋達のお話。
鯨という殺し屋の周囲に出現する殺された者たちの幻影が個性的に描かれていて、面白い。
面白かったではあるが、残念ながら陽気な〜ほどの疾走感は無かったように思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です