[Book]Φは壊れたね

久しぶりに本を読みたい病がやってきたので、書店で小説を何気なく手にとってみました(他にも何冊か買ったのですが、これは後のお楽しみってことで)

理系推理小説と言われる森 博嗣さんの小説(書評からのパクリですが)確かに、所々注意して読まないと良く理解出来ない言い回し、読み直してしばらく考えてやっと「あ、こういう雰囲気な事を言いたいのかな?」と言う感じに落ち着く部分があったりして、退屈しませんでした。
感動的なクライマックスやハラハラ・ドキドキはあまり有りませんが、上手くスパイスを織り交ぜた一冊ではないのかなと思います。
この著者の他の小説にもチャレンジしてみようかな:twisted:

[Book]Φは壊れたね” への4件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です