東南海、南海地震等について(中央防災会議)

中央防災会議「東南海、南海地震等に関する専門調査会(第26回)
東南海、南海地震は内陸部でも場所によってM7以上の震度が発生する可能性があるようです。
asahiの記事でも

どの地域でも6強以上の激しい揺れが襲う可能性があり、関西空港は5メートルの津波が押し寄せる恐れが出ている。
(中略)
 奈良盆地東縁断層帯の地震(M7.4)、生駒断層帯の地震(M7.5)では、京都や奈良盆地で最大震度7の揺れが予想され、文化財などへの被害が懸念されるという。

とありますね。文化財も大事だけど、住民への対応もちゃんと懸念しといたほうがいいんでないの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です